• HOME
  • 全国保健師長会とは
  • 会の変遷

会の変遷

発足の経緯

 昭和53年、「国民健康づくり対策の推進」が打ち出され、地域の公衆衛生分野の専門職として、地域住民の健康保持増進に寄与するための 保健業務の指導的立場にある者が、一丸となって目的達成を期するため、昭和54年3月、24県5市の代表による設立総会が開催され、 「全国保健婦長会」が誕生しました。


 全国保健婦長会規約を定め、会員の情報交換、調査研究、研修、行政への提言などの活動を行い、保健師活動をアピールし社会的な位置づけの 明確化を図ることとしました。



あゆみ

以下よりダウンロードできます。
※ZIP形式で圧縮しています。パソコンに保存後解凍してご覧ください。


歴代会長

初代 遠藤セツ 昭和54年度~昭和60年度 福島県
第2代 大野絢子 昭和61年度~平成元年度 群馬県
第3代 平澤ヤヨイ 平成2年度 静岡県
第4代 小梶末子 平成3年度~平成4年度 神奈川県
第5代 鈴垣育子 平成5年度~平成8年度 兵庫県
第6代 北尾玲子 平成9年度 神奈川県
第7代 倉持一江 平成10年度~平成12年度 埼玉県
第8代 松永敏子 平成13年度~平成15年度 千葉県
第9代 村田昌子 平成16年度~平成18年度 茨城県
第10代 大場エミ 平成19年度~平成23年度 横浜市
第11代 加藤静子 平成24年度~平成25年度 埼玉県
第12代 鎌田久美子 平成26年度~平成27年度 福岡県
第13代 青柳玲子 平成28年度~ 新潟県

全国保健師長会とは

ページのトップへ戻る