• HOME
  • こんな活動しています
  • 支部活動

支部活動

全国62支部の活動等を掲載します。
ご覧になりたい支部名をクリックしてください。

※ファイルがある支部には      が表示されています。

▼都道府県(47支部)

北海道
青森
秋田 岩手
山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島


▼政令指定都市など(15支部)
北九州市 福岡市   広島市   京都市 大阪市   名古屋市   さいたま市 千葉市 東京都特別区   新潟市   札幌市
          堺市 神戸市       川崎市 横浜市          




支部別 活動報告

各支部の「活動報告」等を掲載します。


01北海道 内容 年度 
北海道 2016.12.10 研修会(213KB)
「健康で暮らせるまちづくりから地域包括ケアシステムを考える」
H28
2014.12.13 研修会(213KB)
「地区担当制の推進」
H26
札幌市 - -


02東北 内容 年度 
  青森県 - -
  岩手県 - -
  宮城県 東日本大震災における保健師活動報告書

平成23年3月11日に発生した東日本大震災から今年で丸5年が経過しました。死者・行方不明者11,788人、建築物の全壊・半壊が238,128戸(平成28年3月現在)という甚大な被害を与えた未曾有の大震災でした。 震災直後から保健師がどのように保健活動を行って来たのか、保健師の退職や異動等、年月を経ることで活動の体験が薄れていくことがないよう、東日本大震災における県内の保健師活動の記録等を収集し、県内外の保健師等に継承するため報告書を作成いたしました。
自然災害や疾病構造の変化など新たな健康課題も増えており、健康危機管理への対応や虐待防止対策、自殺予防対策、生活習慣病対策、さらには地域包括ケアシステムの構築など、保健師には、地域特性に応じた専門性の高い活動が求められております。今後も研鑽を積み、自治体で働く保健師のリーダーとしての組織力とネットワークを生かしながら保健活動を行っていきたいと思います。

宮城県支部 長岡本咲子

H28
2016.06.04(土)
宮城県支部研修会(178KB) 27名出席
「横浜市における人材育成の取組みついて」
横浜市神奈川区福祉保健センター課長 藤原啓子 氏
資料1(249KB) ・ 資料2(360KB)
  秋田県 - -
  山形県
  •   (08.08掲載)
    2016.06.04(土) 山形県保健師長会研修会 72名出席
    「公衆衛生看護管理者としての組織管理の実際」
    ~保健師活動の見える化の取り組み~ 
    資料1(2.8MB) ・資料2(5.9MB)

    札幌市保健福祉局高齢保健福祉部介護保険課
    認知症支援・介護予防担当課長 岡島さおり 氏

    保健師活動の見える化の具体的な取組みについて御講演いただきました。 実践事例を通したわかりやすく、岡島先生の保健師活動への熱い思いが伝わるお話で、参加者からは、「取り組めそうな事を1つずつ実行していく」「事業運営の行き詰まりを解決するヒントになった」「管理者と保健師の視点をどう生かすか悩んでいたが大事な事を教えていただいた」等の感想が多数寄せ られました。また、最後に「自分を超える後輩を育て組織の成長を目指すことが組織マネジメントの極意」という言葉が非常に印象に残りました。

  • (05.19掲載)
    「山形県保健師長会ニュースレター 第7号」(500KB) 
H28
  福島県 福島県支部ニュース(478KB)
No.40 (2017.9月発行)編集責任者 鈴木栄子
H29
災害後の保健活動における現状と課題 (3.0MB)
(2017.3月発行)
H28
  • 2015.12.19(土) 福島県保健師職能集会 49人出席
    報告書(114KB)
    「地域包括ケアシステムの構築と保健師の役割」(3.9MB)
    公益社団法人日本看護協会 常任理事 勝又 浜子 氏
  • 2015.07.11(土) 研修会 36人出席
    「保健師の原点回帰~時代が変わっても日本の保健師活動の原点は変わらない」(2.4MB)
    保健師のためのなごみ相談室主宰  塚原洋子先生

    先生の50年に亘る保健師としての経験を歴史的背景ごとにお話しいただき、昭和30年代から最近までを6期に分けて時代毎の健康課題や重点的な活動が変わる中で先生自身がどんな活動をしていたのかをユーモアたっぷりにいきいきと話され、その時々の書籍や写真等も交えて塚原ワールドに引き込まれていきました。その中で先生が強調されていたことは「時代や健康課題・法制度が大きく変わっても日本の保健師の原点は変わらない」ということであり保健師業務要覧等を例に確認することができました。

    福島県支部長  菅野誓子

H27


03北関東・甲信越 内容 年度
  茨城県 - -
  栃木県 栃木県支部だより(262KB)
第32号(2017.03.01発行) ・支部長 樋山光子
H28
栃木県支部だより(462KB)
第31号(2016.10.01発行) ・支部長 樋山光子
栃木県支部だより(740KB)
第30号(2016.02.01発行) ・支部長 渡邊悦子
H27
  群馬県 群馬県支部ミニつうしん(347KB)
平成28年度 第1号(2016.08.01発行) ・支部長 齋藤綾子
H28
  • 2014.10.04(土) 研修会 53人出席
    「これからの保健師に求められるもの」(1.2MB)
    埼玉県熊谷保健所 副所長 加藤静子
    (前 全国保健師長会会長)
    保健師活動指針が出されてから、前 全国保健師長会会長の加藤会長に埼玉県の取組を含め、26年2月に講演をいただく予定でした。しかし、2月には大雪が2回降り、交通状況が悪かったため、26年度になってから改めて日程を決め、お話をしていただいた。
  • 2014.06.07(土) 研修会 46人出席
    「平時の保健活動において大切なこと」
    ~福島県飯舘村支援から~
    (1.4MB)
    飯舘村健康福祉課保健師 土屋由美子
    (群馬県草津町派遣)
    土屋保健師は、平成25年3月に群馬県草津町を定年退職し、町の再任用職員として再雇用され、福島県飯舘村へ草津町からの派遣職員として活動されており、1年間の活動が終了した26年6月時点で、お話をしていただいた。(派遣は2年間)
H26
  新潟県 - -
  山梨県 - -
  長野県 - -
新潟市 活動報告(334KB) H27


04南関東・東京 内容 年度 
  埼玉県 - -
  千葉県 - -
  東京都 - -
  神奈川県 - -
さいたま市 - -
千葉市 - -
東京都特別区 - -
川崎市 - -
横浜市 - -


05東海・北陸 内容 年度 
  富山県 - -
  石川県 - -
  福井県 - -
  岐阜県 - -
  静岡県 - -
  愛知県 - -
  三重県 - -
名古屋市 なでしこ 第23号(3.7MB) H28
なでしこ 第22号(6.7MB) H27
なでしこ 第21号(3MB)

名古屋市支部は、なでしこ会という通称で活動しています。 毎年、保健師職能の活動のまとめとPRを兼ね機関紙「なでしこ」を発刊しています。

H26


06近畿 内容 年度 
  滋賀県 - -
  京都府 - -
  大阪府 - -
  兵庫県 - -
  奈良県 - -
  和歌山県 - -
京都市 - -
大阪市 - -
堺市 - -
神戸市 - -


07中国・四国 内容 年度 
  鳥取県 - -
  島根県 - -
  岡山県 - -
  広島県 - -
  山口県 - -
  徳島県 - -
  香川県 - -
  愛媛県 - -
  高知県 - -
広島市 - -


08九州 内容 年度 
  福岡県 - -
  佐賀県 - -
  長崎県 - -
  熊本県 - -
  大分県 - -
  宮崎県 - -
  鹿児島県 -  
  沖縄県 - -
福岡市 - -
北九州市 - -

参考

こんな活動しています

ページのトップへ戻る